生活と医療

【ついに福井県内で新型コロナウイルスの感染報告が!?】就職・転職においての影響は?休業中の補償に関しても解説!

投稿日:2020年3月20日 更新日:

福井でコロナ

こんにちわ!

リステージキャリア事業部 転職コンサルタントやまさん代理です。

 

 

日差しがあったかくなってきましたね。

急に降雪があったりと、不安定な天気ではあるのですが少しずつ春が近づいてきてます。

 

 

 

来月、4月8日から小中学校再開。。。

お子様を抱えるご家族には少しでも早い再開が期待される学校への登校。。

 

学力の低下や体力の低下、ストレスもさることながら、普段とは違う生活環境でご両親やおじいちゃんおばあちゃんの疲れが気になるところです。

 

 

学校再開ができるなら良かったなぁ〜と思っておりましたが、、

福井県でもついに新型コロナウイルスの感染者が確認されたとの事。

 

 

これにより、また県内はピリピリする可能性が出てきます。

陽性反応が出ていないだけですでに結構な方が全国で感染しているはずですし、福井にだって入ってきていたはずですし、

今更感は否めないですが、この発見で学校再開にズレが生じるのは困ったものです。

 

外部接触禁止により転職への弊害

特に医療機関・介護施設においては行政からの通達で、

新型コロナウイルスの感染拡大防止策の為、外部接触禁止の指示が出ています。

医療機関ではすでに家族であっても面会が困難な状況です。

 

当然ですが、、

就職・転職活動中の面接・見学・体験就労は延期の可能性も出てきますし、入職日の見合わせも出てきています。

  • この3月末で現職場の退職が決まっている方で4月から新しい職場での就業が決まっていた方の入職日の見合わせ。
  • 現在、転職先を見つける為に施設見学や体験就労予定だった方のスケジュール変更。

などなど。。

※弊社リステージでは、この状況をある程度予測していましたので、既に医療機関・介護施設を連携と取りながら、外部接触ができないなら『施設外での面接』『施設に入らず事務局の一部に面接ブースを開設』するなどの対策をとり、スムーズな転職活動のアドバイスや提案をさせて頂いております。

 

医療従事者の方はおわかりだと思いますが、

ノロウイルスやインフルエンザの流行だけでも感染に関しては神経質になるぐらいなのに、

今回の新型コロナウイルスはまさに災害レベルの問題となっています。

例えば病棟・介護施設など入院・入所だけではなく、

訪問看護・訪問入浴や通所介護など外部との接触が多い現場ではかなりの影響が出てきております。

 

この様な状況下になりますと、なかなか動けず歯痒い気持ちになりますが焦らず、ここはじっくりと耐えどきです。

先週のブログでもお伝えしましたが、混乱した状況下での活動は問題点が多く失敗を引き起こしやすいからです。

しっかり情報収集してからじっくり動くべきです。

 

リステージとしての動き

面接の延期、調整を繰り返しながらも弊社は面談も面接も毎週行っております。

厚生労働省に提出するリステージを経て就職された方の人数は毎年右肩上がりで、今年もこの状況下でもさらに上昇となっております。

人材紹介会社は厚生労働省のホームページに人数の記載をする義務があり、毎年沢山の資料の提出を繰り返します。

まさしく今その時期に差し掛かり、データの打ち込みばかりですがリステージの成績が上がっているのがとても嬉しいです。

なんせ福井県専門の小さなコンサルタント会社?少数精鋭?ですので(笑)

このスタッフ数で叩き出す数字ではないはず。

そしてまだまだ余力あり、、、やまさんは。

 

この状況でも前向きに、精力的に、できることをやっていこうと思っております。

転職にお悩みの際はいつでもご連絡ください。

 

福井のコロナ状況

話は戻りまして、福井県のコロナ状況ですが、

12日に発熱

14日に医療機関で受診

 

発熱、倦怠感もあり18日に別の医療機関行った際に肺炎像の確認

その後紹介された医療機関(3件目)が福井市保健所に連絡

検査の結果、陽性と判明。。

 

家族と濃厚接触者(社員)は2週間の経過観察と外出自粛の要請。

 

海外渡航歴はないが、東京への往復と飛行機の利用があったとのこと。

つまりどこにでもウイルスいますし今後も気をつけましょう!と言うことです。

 

これまで通り、手洗い、咳やくしゃみのエチケット、睡眠、健康体でいる事が大事です。

また風邪など症状がある方は外出を自粛するなどの対応が求められています。

 

国の動きとしては、

感染拡大を受けて緊急経済対策の一環として、現金を給付するなどの直接的な家計支援を実施する方向で検討に入ったようです。

対象や金額などについては今後の調整ですが、2008年のリーマンショックの際には全世帯を対象に1人1万2千円(子どもと高齢者は2万円)の定額給付金を配った例があります。

あとは国民全体に配るのか、線引きをするのかの議論ですが、

あくまで低所得者に限ると言う声もあり一筋縄では行かないと思われます。

2009年に配布した定額給付金は、先に述べたとおり、1人当たり1万2000円(18歳以下と65歳以上は2万円)。

総額約2兆円レベル。

 

ばらまきと言われてもしょうがないですし、2兆円で土地を買って設備投資してマスク無料配布の方が助かる。

人の確保は?作った後、取り壊すのか?など言い出したらどの案も突かれそうです。

経済を回すためでもありますので安易な案をここで出す気はないですが、何かと揉めそうな国の動きです。

 

今後も注視して参りましょう。

 

国の動きにも詳しいのはリステージ

 

 

-生活と医療
-, , , , , , , ,

Copyright© 福井の「医療福祉」転職応援ブログ , 2020 AllRights Reserved.