転職予備知識

介護士の価値を高める「5つ」の方法!収入アップを目指すならまずは知ることから~

投稿日:2019年8月29日 更新日:

介護士の価値の高め方

こんにちわ!

リステージキャリア事業部 転職コンサルタントやまさん代理です。

 

九州は大雨で厳戒態勢ですね。

福井もアンダーパス(冠水)がありますので、運転の際は本当にご注意ください。

 

 

今日のテーマは介護職員の年収を上げる!を考えてみたいと思います。

介護職員自らの頑張りで年収をどう上げていくのか?

 

1、自分の今の職場を熟知すること

今の職場で収入を上げたいと考えているのに、自分の勤める事業所について『よくわかっていない!』って方いらっしゃいませんか??

介護は特にチームワークが大事なお仕事です。
自分だけ頑張っても疲弊しますし、誰かのスキルが飛び抜けてても空回りします。

また、施設や通所介護は細かく分類されていて役割分担をすることで成り立っております。

ご自身が働いている事業所が何の法律でどういったシステムで動いているかを把握してらっしゃいますか?

例えば有料老人ホームの運営で言いますと、
サービス対応を訪問介護で提供しているものもあれば定期巡回型もあります。
小規模多機能でのサービスを行っている事業所もあります。

まずはこれらを理解してみるのはどうでしょうか?

事業所がどういった形で売り上げを確保しているのか、知りたくないですか?
会社の売り上げの仕組みを知ることは、介護における社会の仕組みを知ることになります。

ざっくりでもいいので、事業所全体の売り上げを考えてみるのはお勧めです。

売上の想定方法

まずは利用者さんの平均的な要介護度を出してみましょう。
次に算出した介護度に単価をかけて計算し、利用者さん1人あたりの利益を出してみます。

それを利用者さんの数だけかけると事業所の大まかな売り上げが見えてきます。

提供表を見れる方は売り上げ記載をもとにそれらを全部足してもらっても大丈夫かと。

現在働いている事業所の売り上げを知ると、
事業所が目指している事、事業所の強み、弱みが見えてきますよ。

 

2、就業場所以外に、地域に活躍の場を広げる

自宅と職場の往復だけしている人は、良い話や新しい情報も入ってこないですし、相談を持ち掛けられる事は減っていきます。
人脈を増やしたり、社会的価値を理解できていれば、地域に活躍の場を広げていく事が大事です。

お祭りやボランティアなど地域の活動に率先して参加する事で幾重にもつながりや輪を広げられます。

介護以外の業態の方と知り合うなど全く仕事に関係ない事をやってみるのもオススメです。

とにかく自分の名前を知ってもらいましょう!

私の場合、知られる事で下手な事は出来ないなって気持ちになったのですが、格好つけようとかではなく、背筋を伸ばして人様の前に出るような感覚を得た気がします。

だらけていた自分とおさらばしたわけです。

 

3、自分の市場価値を知る

自分の事を必要としている人が多ければ多いほど年収というのは上がっていきやすいです。

資本主義の考え方ですけども介護職員さんも当てはまる部分が多いのではないでしょうか。

事業所の小さな世界だけでは自分がどのくらい世間様や社会から必要とされているかわかりません。

自分の価値を知る旅に出かけましょう!

自分の価値を知るにはどうすればいいでしょうか?

まずは友人知人を作りましょう。
仲良しクラブを作ろうとは思っておりません。

事業所、職場を超えての人間関係のつながりはめちゃくちゃ大事です。

市町村単位等の広域で行われるイベントへの参加などをしてみると良いかもです。

たくさんの方と知り合えますし、イベント好きって人は世話好きな人多いかもです(笑)

それこそ人やつながり大事にしてる方が多い気がしますし。

地域の情報や有力な情報をもらえるかもしれません。

時間が作りにくいなら、SNSだっていいのです。
付き合い方は大事ですが、いろんなオフ会なんかも新しい発見がありそうです。

友人ができればラッキーです。

私も山さんも元々同じ職種、同じ職場にいた訳ではないです。

ですが同じ事業を立ち上げる経緯になったのは人間関係のつながりの先の先に現在があったのです。

もしくは高収入、高倍率の職場に応募してみるのも良いかと思います。
自分が今どれだけ社会に必要とされているか、自分の価値はどれくらいか?がわかるようになります。

うちの山さんなんかはスカウト、引き抜きが未だにあります。
福井はもちろんのこと、東京、京都、大阪から一緒に仕事をしてくれって。

価値の高め方は山さんに聞いてください(笑)

 

4、法律や介護の仕組みを知る

介護の仕事をしているのに介護保険のことや法律も知らずに月収を上げて欲しいだなんて考えていませんか?

先述の介護保険の売り上げを大まかであっても把握する事が出来ているなら、その先へ行きましょう。

まずホームページ、事業所のパンフレットなどに目を通してください。
どこの介護保険を使った運営なのかのヒントが隠されています。

処遇改善加算は何を算定しているのか、他の加算は取得しているのか?
特定事業者加算など評価対象のものを取得しているのかどうか。

これで事業所の大枠がわかってきます。
大枠が分かれば、と言いますか大枠を調べている間にもわからない単語が出てきていることでしょう。
その単語を調べていきましょう。

ネットで検索すればいくらでも出てきます。

 

5、介護以外の仕事、特技を介護をしながらやってみる

自分の趣味や好きなことで結構です。

誰にでも1つくらいあります。

野球チーム詳しい、八村にかわるスター候補を知っているバスケット通、福井近辺の足湯をたくさん知っている。

特技を仕事に活かせる方法はないか考えてみませんか?

介護福祉士をしながら、園芸の知識を生かして介護施設などで園芸療法の起業をされている方がいるそうです。

じゃあ、魚なら?犬なら?インコなら?
坂井市の施設ではやぎを畜産試験場から借りて療法に取り入れているところもありましたよ。

水泳が得意、カラオケが得意、あやとり得意、折り紙が、、、いくらでも活かせます。

 

夢中な人、一昔前でいうところのオタクっぽい人って人気ありますよね。

人を惹きつける人には良い話が向こうから飛び込んできます。
色んな可能性が上がりますね。

 

自分の魅力を作り社会に街にアピールしましょう。

その頃には1事業所の世界では十分な評価が、、、

 

これらを習得、実践することで収入アップが見込めるのではないでしょうか?

 

ただし一朝一夕ではない

これらのことを簡単にまとめると

  1. 仕事場を知る
  2. 仕事場以外を知る
  3. 自分自身を知る
  4. 法律や仕組みを知る
  5. 趣味特技を広げる

要は全て「行動」をしなくてはなりません。

ただし上記のものは長い時間を要します。

2、3か月では芽が出ません。

 

価値ある人はそうそう見つからない、出てこない。

参入障壁が高いということです。

 

だから価値があるのです。

 

よほどの事がない限りこの価値大きく値崩れしません。

 

かけた日数に違わない評価を世間様、社会、組織から得れるはずです。

3.の自分の価値を知りたい場合はリステージにご相談いただければ、自分の価値だけでなく今後の人生においてどうなっていけるのかを一緒に考えていくことができます。

 

自分を高める旅に出ましょう。

 

介護士の価値を高めたい方はリステージへ

 

 

-転職予備知識
-, , , , , , ,

Copyright© 福井の「医療福祉」転職応援ブログ , 2019 AllRights Reserved.