生活と医療 職業解説 転職予備知識

【無資格・未経験でも正職員に!?】コロナウイルスの影響で失業された方・転職を検討中の方は必見!!

投稿日:2020年5月7日 更新日:

看護師の求人

こんにちわ!

リステージキャリア事業部 転職コンサルタントやまさん代理です。

 

 

ゴールデン??ウィークも終わりましたが、、例年通りの仕事始めではないのが悔やまれます。

世界も、北海道も経済活動の自粛が解けた後、第二、第三のコロナウイルスの波を受け戦いは続いております。

 

 

福井県は県民の協力や頑張りによって感染者増加数0が続いております。

(参考 福井新聞オンライン 福井県9日連続で新たな感染者なし https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/1081557)

他県と比較して、早い段階で外部接触禁止措置や県外からの人の出入りを制限したり、医療従事者の努力の成果だと思います。

しかし、慣れや油断は依然として禁物です。

気を引き締めて参りましょう。

 

 

さて、前回お話ししました、、

手に職もなく、未経験・無資格でも努力をすればリーマンショックやコロナウイルスなどで、

経済が悪化しても安定的に稼げる、家族を養っていける方法を書いてみようと思います。

 

順を追ってご説明しますので少しお時間ください。

 

 

まず、、

経済の状況ですが、スーパーマーケット、運送業、インフラに関わる仕事以外は今後も自粛の流れが続きます。

 

営業の自粛もさる事ながら、ご自身の、ご家族の自粛も続いていきます。

 

飲食店に行く事は少なくなり、不要な物も買わないでしょう。

観光はほとんど行かず、冠婚葬祭なども控える事となります。

 

経済が止まりますとどうなるかと言いますと、、

会社の売り上げが減ってバイトや社員を雇わなくてもいい状況になる、または会社が倒産する事になります。

 

◎賞与ありの正社員→減給、賞与なしの正社員

◎残業代有→営業時間短縮減給、残業代無し

◎パート、アルバイト→出勤日数の削減、時間短縮、収入源

◎就職先→規模縮小、倒産

 

今回はわかりやすく極端に書きました!ではないです。。。

 

夏までこの状況が続けば上記のような事象はたくさん起きてくると考えられます。

 

コロナウイルスの感染拡大も恐ろしいですが、感染収束後の経済の破綻はもっと恐ろしいです。

 

今まで通りの業績でない以上は給与のUPはおろか、現状維持すら難しいです。当然、賞与カットは十分にあり得ます。

では、今より収入が下がって家計が苦しくなるというより、生活維持が出来ない方は出ないでしょうか?

 

 

すぐに職を探せますか?

 

 

仕事がない、営業もできない、売り上げがないので職を失うことになるのです。

 

完全失業率が上がると、『少しでも条件の良いところに!』と求人倍率も上がり就職先を探すのも困難になります。

 

 

大手外食チェーンのテイクアウト、スーパーのレジ、運送業でしたら仕事があるかもしれません。

 

新しい環境にシフトすることで、人間関係の再構築をすることはどこでも一緒ですのでそこまで気にはならないですが、

今までのキャリアや技術などを存分に活かす事はできないかもしれません。

 

 

一時的だからなんとかなる、、凌げる、と思っていませんか?

 

一度倒産や離職が進んだ事業、会社は立て直しが難しいです。

資金云々でなく働く人を失うと業績回復までに時間がかかる、もしくは可能性が低くなります。

 

よく言われるV字回復と言われるものは、、、

いらないものを削ぎ落としたり、外的要因により一時的に業績が落ちはしたものの過去の業績に急激に復活する様を言いますが、どれも必要な資金と『人材』が残っていた、残せたからです。

 

人が去ってしまう経済状況では、不況なんて言葉は生温いです。

世界恐慌にも似たこの事態は収束の兆しが見えません。

 

今後、国や市町村の宣言一つ、ご家族、職場仲間、近隣の方の罹患具合で職を失う、収入を失う事は十分に考えられます。

 

無資格、未経験で社会に放り出されます。

非常に怖いです。

 

介護士がおすすめな理由

転職で成功する秘訣

それでは、、本題に入ります。

 

手に職もなく、未経験・無資格でも努力をすれば家族を養っていける方法とは。

 

私は医療、介護業界への転職をお勧めいたします。

 

特に介護士がおすすめです。

 

※介護職をおすすめする理由としては、看護師などの医療従事者、またはリハビリ職(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)などの職種は資格取得の為に専門学校または大学の卒業が必要になり、そうなると学業に専念している期間はなかなか収入を得ることが難しいですし、入学から卒業までの費用もかかります。決して介護職以外をおすすめできない訳ではないです。

 

介護・福祉施設は、、

無資格・未経験でも努力をすればスキルや経験を積みながら収入を得る事ができます。

 

また働きながら段階的に資格を取得し資格手当、経験により収入も上がっていきます。

夜勤込みで働く事もできるため更に収入を上げる事ができます。

 

 

「夜勤なんて、、、」とお思いでしょうがすぐに夜勤できる環境を探すと配送の仕分け作業かコンビニくらいではないですか?

ほとんど立ちっぱなしですし、仕分け作業は冷凍庫に行ったり、20キロあるジャガイモや玉ねぎの入った箱を荷積みするため非常に大変です。私も10代の頃やっていましたし、知り合いに聞きますと今もそう変わりなく本当に辛いようです。

その点、冷暖房完備で、座る時間どころか仮眠の時間まである。(厳しい職場でなければ)

もちろん夜勤手当付き!

 

 

3年の実経経験を積み、各講習を修了すれば介護福祉士(国家資格)の取得に挑戦できます。

(参考  公益財団法人 社会福祉振興・試験センター 受験資格(資格取得ルート図) http://www.sssc.or.jp/kaigo/shikaku/route.html)

 

実務経験次第では3年~5年で20代・30代の方でも、主任・副主任などの現場責任者になった事例もありますし、

施設長などの役職につくことになれば、やりがいとともに給与にも反映されます。

 

働き方を変えたり、さらにキャリアアップを目指すなら、ケアマネージャー・主任ケアマネージャーなど上級資格を取得する事で、

夜勤なしでも収入を上げる事が可能です。

 

また、2025年問題(高齢者の増加問題)もあり、年々、介護需要は高くなるので、

今から経験を積んで資格を取得すれば数年後にはかなり良いポジションで就業することが可能になります。

 

 

しかも、、

国が有事であってもそう易々と職が無くなることがないです。

 

当然、利用者の獲得や人材不足でそもそも苦しい事業所があるので絶対安泰!公務員並みです!という訳では決してないです。

しかし下手な株式会社や一見大きな会社のように見える多店舗展開している飲食店よりも盤石であることが多いです。

 

更に働き方改革の流れだけでなく、そもそも人材の不足の業界ですので働く場所はたくさんありますし、定年も65になり70歳まで延びることも考えられます。健康であればもっと働けるでしょう。

 

月々の給与が増えるだけでなく生涯賃金も大きくなりそうです。

 

 

現在、工場勤務、力仕事、不規則な仕事、不安定な仕事、パートの方も、休職中の方、未経験、無資格の方でもおすすめです。

 

しかしながら、第一歩目の職場はよく考えなければなりません。

どこでもいいという訳ではないです。

 

注意!! 未経験であることをいい事に、良くない労働条件で採用されてしまっては元も子もないです。

また、施設によっては、無資格・未経験の場合はパートからの採用、または賞与なしの契約社員・有期雇用でのケースもありますのでご注意くださいませ。

 

無資格・未経験でも正社員の情報はあります

リステージでは、、

採用条件をしっかり確認してから求人のご提案をしますし、

無資格・未経験の方でも正職員での採用を検討している施設の情報の提供もできます。

 

当然ですが、、

すべて無料でご相談から、求人の提案、入職までのサポート、入職後のフォローもします。

 

ご興味ある方、情報が必要な方はメール、または電話で気軽にお問い合わせくださいませ。

 

 

無資格、未経験でも転職するならリステージ

 

 

 

-生活と医療, 職業解説, 転職予備知識
-, , , , , , , ,

Copyright© 福井の「医療福祉」転職応援ブログ , 2020 AllRights Reserved.