生活と医療

【子育て世代は必見!】気になる幼児教育無償化問題をわかりやすく解説~

投稿日:

幼児教育費無償化

 

こんにちわ!

リステージキャリア事業部 転職コンサルタントやまさん代理です。

 

 

私は子供が3人います。

令和元年10月1日より『幼児教育の無償化』が始まりました。

私も含めて、共働きの多い福井県の方々にとっては朗報ですね。

 

 

無償化の対象は、、

3歳から5歳までのすべての子どもたちと、0歳から2歳までの住民税非課税世帯の子ども達。

(3歳から5歳までの子供とは、幼稚園は満3歳から保育所は3歳児クラスからが対象とのこと。)

 

 

無償になることで今まで払っていた保育費がなくなり嬉しいことは、この上ないのですが、、、

明細を見ると毎月の支払額が完全無償になったというわけではないみたいです。

誤解されがちな部分があるようなので順を追って紹介してみようと思います。

 

福井市、3~4歳児、保育園の場合

福井市内にある保育施設で3〜4歳児クラスに通うご家庭の場合の例として、

平均で月額32,000円だったが、2019年10月以降は月額12,000円ほどになることが多いそうです。

月単位で20,000円の削減。

年間で240,000円も貯蓄ができるかもしれません。

 

ここで、『12,000円になって良かった!!』となるのか『12,000円払うの?』という見方があります。

ここら辺に誤解が生まれていそうです。

 

無償化になるのは『利用料のみ』なのです。

 

 

保育所・認定こども園の保育部分を利用する際には、利用料の中に副食費(おかず代)も含まれていました。

現在は上記を細分化し、利用料と副食費を分けてあります。

これにより、これまで払っていた主食費(現物持参の場合もあります)プラス副食費、バスなどの送迎費、施設の行事費、クーラーなどの設備使用料、延長保育費など施設や利用の仕方によって別途保護者負担となっています。

 

おのずと支払総額は利用する施設、家族によって異なりますので各施設に確認してみてください。

 

注意)

3〜5歳児は原則利用料は無償となってますが、利用する施設によっては一部上限が定められていることがあるようです。

そのほかの利用事例

1、幼稚園を利用する場合。

月額で25,700円。

 

2、幼稚園などで預かり保育を利用する場合。

利用料とは別に預かり保育料が、最大月額11,300円までの範囲は無償。

無償で預けすぎはできないってことですね。。

 

3、認可外保育施設等を利用する場合。

上限が月額37,000円。

住民税非課税世帯0〜2歳児クラスの場合は月額42,000円。

 

注意)

またこれらの場合は認定の手続きが必要です。

 

一見嬉しい施策だが

政府の調査では、

保育所、幼稚園に通う第一子の一人当たりの年間子育て費用額の3割は保育費なのだとか。

 

この部分が無償化になることは、とてもありがたい話です。

 

しかし、、

保育料の利用負担が軽減されるはずが、逆に増えてしまったケースも全国的には一部であったようです。

 

各都道府県、自治体の一部では『幼児教育の無償化』以前から、元々手厚い負担軽減策があり、兄弟の年齢や保護者の年収に関係なく、認可保育園に通う第3子以降の子供と第2子以降の4、5歳児の利用を無料としていたところがあったようです。

10月以前の場合は副食代も利用料に含まれるので保護者の負担はなかったのですが、国の無償化対策が進む中で上記の負担軽減策が変わっていったり、今後変わっていく可能性が出てきています。

大阪府堺市、千葉県市川市などではすでに逆転現象が起きていてるようです。

 

 

なかなか資料を読み解けない。。

説明会に参加したが、いまいちピンときてない。。。

実質いくらの負担がかかるものなのか?

と、今から設計をされていこうとお考えの方も、現在お子さんがいらっしゃる方も気にされていることだと思います。

 

シングルマザーは負担増!?

シングルマザーは変わらない??

今回の無償化に対するアンケート調査では

『結局、今までとトータルの負担額は変わらない。。』

『むしろ増えた』と答えるシングルマザーが4割近くいらっしゃるとのこと。

 

このような歪みは今後も出てくると思います。

 

最後に

自分の所得が上がった、旦那さんの所得が減った、子供が大きくなった、引越ししたなどで額面が変わる可能性出てきますし、仕組みの改正もありますので直接的に影響のあることには注視する必要があります。

 

働き方が叫ばれる昨今、たった一つの事象でも年間24万円浮くのか、負担増になるのかかかってきます。

 

一ヶ月分の給与に相当します。

 

情報収集と賢い選択がどんどん必要となりそうですね。

 

 

子育てしながらの転職に強いのもリステージ

 

福井で転職するならリステージへ

 

-生活と医療
-, , , , , ,

Copyright© 福井の「医療福祉」転職応援ブログ , 2019 AllRights Reserved.